絵本が好きになる!読み聞かせのコツ 1歳3ヶ月おすすめ絵本

こどもが喜ぶ絵本


こんにちは、ころまろです。
息子は早いもので1歳3ヶ月となりました。

絵本好きの息子ですが、何度も何度も読みたがる本があれば、絵本を開いて読み聞かせしようとしてもすぐに閉じられてしまう絵本もあります。

今回は1歳3ヶ月の息子がお気に入りで何度も読んでいる絵本をご紹介します。

1歳3ヶ月 おすすめ絵本「てん てん てん」

0.1.2歳向けの絵本です。
てんとう虫やほたる、かまきりなどの虫たちの特徴を音で表しています。

特に息子がお気に入りなのが、てんとう虫とかたつむりのページです。

てんとう虫は「てん てん てん」と丸い点が出てくるのですが、読み聞かせの際、指で丸い点を押さえながら「てん てん てん」と読み聞かせています。
また、かたつむりは「ぐる ぐる ぐる」とうずまき模様が出てきますが、指でぐるぐるぐるとしながら読み聞かせています。

すぐに息子も真似をして「てんてんてん」や、「ぐるぐるぐる」をするようになりました。
特にそのページがお気に入りなので、最後まで読んだり次のページにいっても、自分でページをめくりてんとう虫やかたつむりのページを見たがります。

わかりやすい動作を読み聞かせと一緒にすることで、より絵本を楽しめているようです。

他の絵本でも・・・

我が家の絵本に、てんとう虫が出てくる絵本が2冊あります。

これまでは普通に読んでいましたが、「てん てん てん」を読み指差すようになったので、家にある他の絵本のてんとう虫のページでも同じように指差しながら読んだところ、喜んでツンツンするようになりました。

赤ちゃん絵本には点やうずまき模様が出てくる絵本は多くあるので、同じように楽しめるのではないかなと思います。

また、実際のてんとう虫やかたつむりを見た時も同じように声掛けをして興味を持ってもらえるといいなと思っています。




絵本を読み聞かせる時の体勢

我が家では、私と息子が向かい合う形で絵本を読み聞かせています。

読んでいる時に息子の表情が見れるので、ここが好きなんだな、とか、表情が曇ってきた…など、絵本に対しての息子の気持ちが良くわかります。
息子が興味あるものにも気づきやすいのではないかと思います。

反応があると読み聞かせるのも更に楽しいです。

「ぎゅーっ」や「ぴたっ」などスキンシップのある絵本を読む際は、お膝の上に座らせて読み聞かせることもあります。絵本をじっと座って聞いていられない!というお子さんには、スキンシップ遊びの一つとしてお膝の上での読み聞かせがおすすめです。




絵本読み聞かせの一番のコツ

何と言っても「楽しむこと」です。

絵本の読み聞かせに対して少し苦手だなと感じている方も、お子さんの反応を見ながら読んだら楽しく感じられるのではないでしょうか。

0歳や1歳の赤ちゃんでも、好きな絵本や興味のない絵本と好みがあります。
今は興味のない絵本でも、時間がたてば興味を持ってくれるかもしれません。我が家にも「控えの絵本」がたくさんあります。
好きな絵本やお気に入りのページを繰り返し読んで「絵本楽しい!大好き!」の気持ちを育てられたらいいのではないかと思います。

お子さんへの絵本の読み聞かせに、少しでも参考になれば嬉しいです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました